2008年09月29日

久しぶりLesson日記;;

Lessonは細々と続けておりますが日記が久しぶりなのはあまりに進歩が無くて書くことが無かったからでして(汗;)先日のレッスンでは始まる前に念入りにリトルピシュナ45番の問題のアルペジオで指慣らししておく。ツェルニー50−2番先生の前で弾くとめちゃくちゃ緊張する。どうにか弾き終えたら先生が「良く練習したんじゃない?先週に比べ弾けているもの。もう少し指で弾くんだという意識を持ってもう一度弾いてみて」と言われ弾いて見るとなんだか弾きやすい♪先生も「やっぱりピシュナって大事よね。まあリハーサルから完璧に弾き飛ばすプロは置いておいて大人になると子供みたいにぱっと弾けないじゃない。私演奏会にも持っていくのよ。」ということで、バッハの1−13番フーガもまだちょっと、指縺れるけど、この前よりましかも;;愛の夢も弾きやすくはなってきた・・しかし、これが意外と暗譜しにくいんだ;;まあ、先生が仰るには早くきちっと暗譜するコツはアナリゼをきちんとすること。もう少し頭を使って理論的に暗譜したほうが良いのだけど〜けど〜音楽の理論や用語の方をかなり忘れてしまってるのが情けない(シクシク)多分現在聴音とかワークブックとか子供に混じってやったら完璧まけるとおもう。弾くばかりでなくもう少しソルフェージュとかやり直すのも今後の課題かなふらふら
posted by NANAKO at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

ピシュナ効果ひらめき

いつもは練習曲は練習時間の五分の一程度にするのだが、ここ10日ほど半分練習曲で残り曲って感じです。最初はリトルピシュナから適当に選んで展開形まで弾いて、次はツェルニー50番−2を練習。残りは平均律1の13番と愛の夢(←まだ弾いてる)でもピシュナ効果を再び実感vvいきなりツェルニーから始めた頃は指も肩も朝起きたら固まっていたのが、朝起きてもすっきり♪バッハも押さえて2声ひくところ指の股が裂けそうだったのが、すんなり弾けるし、愛の夢の重音の上がるところも弾きやすくなってる。まあ、考えたら運動する前にストレッチもせずいきなり全力疾走するみたいなもんで、無理があった気がします。ここに来てピシュナ先生の凄さを実感。。。60番のピシュナの本も実は持っているのだが、これはすらすら弾くにはハードだし時間も掛かるし、リトルピシュナを完璧に弾けたらどんな曲も上手く弾ける・・かも?ちなみに私の先生も弾き始めのときに5分ほどリトルピシュナをかかさず弾かれているので、初心者からベテランまで「リトルピシュナ」はオススメです。とは言っても、無理やり弾くと指を痛めるので先生に習いながら、ゆっくり無駄な力を抜いて(痛くなるときは辞める)弾いてくださいわーい(嬉しい顔)
posted by NANAKO at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

久しぶり練習日記・・汗;;

バレエにかまけてたのもあるんですけど、練習不足なのか何なのかツェルニー50−2番で既にスランプ(汗;)速く弾こうとすればするほど上手くいかず、指が動きにくい。アルペジオが変。指に力が入らない感じ。バッハも調子悪いしトホホ。。先生に「最近リトルピシュナ弾いてる?いきなり曲弾かずにピシュナ弾いたほうがいいわよ。で、アルペジオのくだりがスムーズじゃない。ツェルニー何回目?これくらい暗譜しないと」と言われ、2ヶ月ほどチビピシュナとご無沙汰していたことに気がつく。で、とにかくここ最近ピシュナの配分を増やし、ツェルニー2番はじっと指先を見つめ超スローでアルペジオ1個ずつ弾いてます。・・効果出るかふらふら
posted by NANAKO at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

新潟県中越沖地震チャリティーバレエガラコンサートin奈良

本当に満足満腹のバレエガラ公演でした。まだ、感動が覚めやらない感じです。私はマハリナ様のファンというよりマハリナ教の信者って感じですので、マハリナ様が奈良で拝見出来るというだけで有難い公演でした。ハイ。欲を言えば公演始まる前にキャスト表が欲しかったです。初バレエの友達が居たので私は誰が何を踊っているか何となくわかったのですが・・でも予定キャストが全員揃うというのは、本当に素晴らしいと思います。覚えてる感想だけ少し

一部:
☆くるみ割り人形よりグラン・パ・ド・ドゥ(振付:ワシリー・ワイノーネン) アリーヤ・タニクバエワ、ミハイル・マルテニュク
スタイルの良い日本人だなと思ったらあちらの方でした。フレッシュで良かったです。

☆シェヘラザード(振付:ミハイル・フォーキン)高橋晃子、イリヤ・クズネツォフ
クズネツォフ野性的で良かった&高橋さん細い体で頑張ってらしてピュアな感じのシェラザードでした。

☆ライモンダ(振付:マリウス・プティパ) ガリーナ・ステパネンコ、アンドレイ・メルクリエフ
ステパネンコさんが現役バリバリの安定感ある踊りで驚きました。そして今回のツボはメルクリエフのマント!!!マントがこんなに似合うダンサーはそういないと思います。

☆Lady in Red(振付:ユーリー・ペトゥホフ)オクサーナ・クチュルク
初バレエの友達はえらい気に入ってました!

☆薔薇の精(振付:ミハイル・フォーキン さいとう美帆、アントン・コルサコフ
コルサコフが可愛い薔薇の精でした。友達と共通の知り合い○口君に激似だったので盛り上がってしまった。

☆白鳥の湖 第二幕アダージオ(振付:マリウス・プティパ、レフ・イワーノフ)ダリヤ・スホルコワ、シリル・ピエール
初バレエノ友達でもこのシーンは何となく観たことがあるようで、喜んでました!

☆眠れる森の美女 三幕より(振付:マリウス・プティパ) 寺島ひろみ、アンドレイ・メルクリエフ
すっかりメルクリエフにハマってしまった。身のこなしがまさに貴公子。寺島さんもお人形さんみたいでした。

☆カルメン エレーナ・フィリピエワ、セルゲイ・シドルスキー
こ、これは凄いカルメンでした!プリセツカヤ直伝らしいです。迫力があったし、フィリピエワってお姫様的なイメージがあったのですが、大人の雰囲気いっぱいでした。

☆白鳥XXI(振付:イーゴリ・イェブラ) イーゴリ・イェブラ
凄いですね。筋肉美を見た感じ。

☆マノンより1幕エレジー(振付:ケネス・マクミラン)ユリア・マハリナ、イリヤ・クズネツォフ
出あいのシーンなので、マハリナ様の踊りも喜びに輝いている感じ。身のこなしが美しいさすがマハリナ様!

二部:
☆白鳥の湖よりルースカヤ(振付:ガリーナ・シュリャーピナ)高橋晃子
ルースカヤはいつも白鳥の湖の舞踏会シーンで見ていたのですが、ソロでじっくり見れて良かったです。

☆海賊よりランケデムとギュリナーラのパ・ド・ドゥ(振付:マリウス・プティパ) 寺島まゆみ、芳賀望
正統派パドドゥでした。日本人ダンサーってお人形さんみたい。

☆le Pleut(振付:エレーナ・ボグダノヴィチ) アンナ・パシコワ
個性的で良く合っていたと思います。

☆アゴン(振付:ジョージ・バランシン)ダリヤ・スホルコワ、シリル・ピエール
クールな雰囲気の二人、ドイツ人好みのダンサーって感じです。

☆海賊 第2幕パドトロワ(振付:マリウス・プティパ) エレーナ・フィリピエワ、セルゲイ・シドルスキー、イリヤ・クズネツォフ
カルメンから友達はすっかりフィリピエワさんにハマっていた。好みなんだって。お姫様の雰囲気素敵でした。

☆創作(振付:松崎えり) 松崎えり、大嶋正樹
なかなか振り付けも面白かったし、大嶋さん上手い方ですね。流れるような動きで現代的な作品を踊りこなしてらっしゃいました。クラシックもコンテも踊れる貴重な日本人ダンサーだなって思いました。

☆ロミオとジュリエット(振付:ウラージミル・ワシリエフ)オクサーナ・クチュルク、イーゴリ・イェブラ
初バレエの友人にしてみたら、古典バレエは見慣れて居ないと登場人物やどんな物語かわかりにくいらしく「この話なら知ってるし楽しみ♪」と言っていました。クチュルク&イェブラのお二人、クチュルクも可憐で、若さと危うさの両方を上手く演じられていました。また見たいです。このガラ公演の大きな収穫です。でも、初めキャスト表が無くて筋肉君と気がつかなくて(汗;)イェブラは本当に凄いダンサーだと思います。

☆カルメン(振付:ゲディミナス・タランダ)高橋晃子、イリヤ・クズネツォフ
中々素敵なカルメンだったのです。タランダさんの振り付け。今回振り付け演出で踊ってくれないのかなあ?

☆瀕死の白鳥(振付:ミハイル・フォーキン) ユリヤ・マハリナ
やはり白いチュチュが良く似合われてさすがプリマの貫禄です。マハリナ様は腕の動きが美しいダンサーなのですが、あえて封印されて(?)羽ばさばさバージョンでなく足と体で表現されていました。白鳥というより白鳥の精と言った感じかな。最後まで精一杯生き抜く力強さと妖艶さがあるやはり独特のワールドがありました。最後に事切れるシーン泣けました。お姿を目に焼き付けて帰ってきました(感涙)

☆フィナーレ ドン・キホーテ組曲(振付:マリウス・プティパ) ガリーナ・ステパネンコ、アントン・コルサコフ、アンドレイ・メルクリエフ、エレーナ・コレスニチェンコ、アンナ・パシコワ、長澤美絵、ミハイル・マルテニュク他全員

もう、ステパネンコ姐さ、じゃないお姉さまの迫力に度肝を抜かれました!フエッテでは2回転織り交ぜての回転軸も全然ぶれず圧巻でした。やはりここでもメルクリエフさん!王子衣裳がこんなに似合う人があるだろうか!上手く演出されていてコレスニチェンコ、パシコワの踊りもとても良かったです。そしてフィナーレへ突入!

☆カーテンコールではでんと真ん中にステパネンコ様、マハリナ様、少し離れてフィリピェワさんら姐さん方じゃないお姉さま方が控えてらして、紳士メルクリエフさんがエスコートしてました。レベランスの美しい事!友人も「全員並んでみるとあの三人は撒き散らす(?)オーラが凄いし普通のバレリーナではないのはわかる!凄い綺麗な体羨ましい!」とただ今ジムに通う友人は感激していた。初バレエにしてはレベルが高かったと思うし、満足して家路についたのでした。

あまりに演目があるので続きはまたあとで!今日9月1日最終、新宿公演らしいので、時間に余裕のある方ぜひぜひ!マハリナ様の新作マタハリもあるらしいです!続きを読む
posted by NANAKO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。