2009年02月23日

シモン・ボリバリ・ユースオーケストラ・オブ・ベネズエラ

の放送が数日前教育テレビであって、なかなか良かったデス。これってベネズエラが国を挙げて子供達を犯罪や貧困から守り音楽教育を通して育て優秀な子供はこのオーケストラに参加出来るという素晴らしい活動らしい。楽器を練習するのは大変だし時間が掛かる。私なんかでもピアノ練習しなければ・・と思うと自然と人づきあいが悪くなったりするんだけど、練習に熱中していると子供達は自然と不良どもと付き合う暇がなくなるわけだ・・で、シモン・ボリバリ・・の演奏なんだけど舞台の上は恐ろしいほどの人数。指揮者はここ出身の今をときめく若手指揮者ドゥダメル。風貌も皆ラテン風だ(←あたりまえ)曲はラベルのダフニスとクロエとチャイコフスキーの交響曲5番。私的にダフニスとクロエがとても良かった。さすがラテンの人たち。リズム感がとても良く、音色がきれいで若くて情熱的な演奏でした。ドゥダメル素晴らしい指揮でした。個性的で情熱的で、でも嫌味が無くて。演奏が終わった時には不覚にも目から水が・・今後もがんばってこの活動を続けて欲しいです。
posted by NANAKO at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

プレイエルのピアノぴかぴか(新しい)

一月半ばから今日まで何だか忙しくて、全然パソコン見れなくてネタは色々あるのにブログ書けなかった(残念)・・で、最新ネタ。本日はピアノの先生の先輩と先輩の大人の生徒さんのお宅でプレイエルのピアノを弾かせていただいた。ピアノはアンティークのUPのプレイエルでマホガニー(合ってる?)燭台の付いたタイプで見た感じもとてもお洒落で、中身も見せて頂いたが、丁寧に作ってあって、グランドピアノが縦型になった感じです。弾かせていただいたら、音に深みがあり低音の響きと高音のキラキラ感が素敵でとても繊細なタッチでトリルが弾きやすく、びっくりしました。プレイエルのような高級ピアノのアップライトはグランドとタッチが全然変わらないんですよね〜しかしせっかく良いピアノを弾く機会があってもこういうときにさらさら弾ける曲のレパートリーが無いのは我ながら悲しかったのですが、今、弾いてる曲や過去の曲を練習させていただきました(先輩はピアノの達人なので、ショパンのエチュードとか暗譜でさらさら弾いていた)プレイエルはショパン愛用だけあってやはりショパンの音色が合う気がしました。羨ましいけど、YやK社のグランドピアノ2台は買えそうな感じなので私には手が届きそうもない・・でも、本当充実したピアノDAYでしたわーい(嬉しい顔)
posted by NANAKO at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。