2009年09月28日

やれやれ(><;)・・

練習日記をそろそろ書かねば・・と思っていた矢先風邪・・というか信じられないことにオタフク風邪にかかってしまった。オタフクのように顔は晴れ耳も痛く耳鳴りが・・耳鼻科にいくと口の中まで手をつっこまれ、「ここ痛いですか?」「わわわ、ハイ」「耳の下とココが左右対称に腫れるのは典型的なオタフク風邪ですね。でも、こっちは治りかけで心配ないですが耳鳴りの方は放っておくと聴こえなくなりますよ。聴力検査の結果病名突発性難聴です」「・・・」ということでショックを受け帰ってきました。でも薬を飲んでおとなしくしていたら、2週間ほどで治りました。皆さん気をつけて下さい。耳はオカシイかな?と思ったらすぐ耳鼻科へ行ってくださいませ。症状が出てから早ければ早いほど早く治るみたいです。しかし、オタフクにかかっていたことを知らず、多くの人に会ってたので、一応お知らせしたらヒンシュクを買い退かれてしまい、連休はほとんどの人にスルーされました(Nさんメールありがとうございますvv)友達いないことがわかった私(・・、)ブツブツ・・
posted by NANAKO at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

真夏の久しぶり練習日記・・

あつー;お久しぶりデス。ここしばらくパソコン部屋に入れません。少しの隙に書かなくては・・暑すぎて、ピアノ弾くのも大変><;一応最近はピシュナ→リトルピシュナ→ツェルニー50−7→平均律1巻12バ→ベトベン田園2楽章トリオなど弾いてます。暑過ぎて効率が悪い〜汗疹が出来たよ・・スクリャービンの幻想曲の楽譜今日買ってみました♪明日ひいてみよう・・
posted by NANAKO at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

発表会・・

先々週にやっと終わりました。やれやれ(-_-;)ベートーベンのソナタ田園T楽章をひいたわけですが、あっちにぶつかり、こっちにぶつかりながら、こう弾こうと考えていたことが何も出来ず、なんとか最後にたどり着いたって感じです(ゼイゼイ;)前日のリハーサルではかなりアブナイ箇所が・・汗;で、必死にその部分を練習して当日のリハーサル、何故か全然違う所を間違えるわけですよ(滝汗;)しかも「時間が押してるから繰り返し無しでお願いね」ということで、不安のままに本番を・・そして楽屋ではお決まりの(?)アガったらどう克服するかの話題が・・いかん、これを聴いたら緊張してしまう。ということで、楽譜を見ながら自分の録音を聴いてすごしたました。肝心の本番はむちゃくちゃ弾いたのはなんとなく記憶してるけど・・そうそう、舞台で弾いてるとき黒鍵になんだか傷があるのを発見!(←集中してない?)まあ、いつも自分の器以上の曲を弾くもんだから、こういう結果になるのだと思うけど改めない私です(笑)今回は少し体の固さが取れた気がしたので自己採点69.5点くらいですか・・楽屋にやってきた母親は「どうしていつも肝心なとこで間違うのかねぇ・・」とか言うので「弾かない人にはわからないけど、難しいんだって!!」とまたクダラヌ親子喧嘩を・・ふらふら
posted by NANAKO at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

FAZIOLIのピアノ&ザラフィアンツさんひらめき

ひらめき皆さんFAZIOLI(ファツィオリ)のピアノってご存知ですか?(←誰に話しかけてる?)最近ヨーロッパのコンサートホールで、リサイタルで良く使われているイタリア製の最高級ピアノだとか・・コンサートグランドは、な、なんと3メートル!!を超えるそうな。車に例えるとハリウッドスターが良く乗ってるリムジンみたいな感じ?価格は多分豪邸が買えるのではないのでしょうか?多くのピアニストが絶賛しザラフィアンツさんもヨーロッパで演奏されて、とても気に入ってらっしゃるピアノとか。私はまだ見たことも音を聴いたことも無いのですが、ごく最近日本にショールームが出来、そちらにてなんと!!
4月20日(月)ザラフィアンツさんのサロンコンサートがあるようです!(予約制:0422-22-1980)詳しくは↓↓↓

https://www.fazioli.co.jp/index.html

https://www.fazioli.co.jp/blog/

皆さんぜひぜひザラフィアンツさんの演奏とファツィオリの音色をご堪能ください・・私は行けないけど(泣;)
posted by NANAKO at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

ミニコンサート・・

というか教室のおさらい会が先日あって、1ヶ月あまり突貫工事でショパンのノクターンの1番をさらっていたのでブログが全然更新出来ず(汗;)しかし、昔、練習したハズなのに改めて弾いてみると前はかなりいい加減だったりで、また仕上がらないままに、人前で弾く羽目に・・最近教室の生徒さん親御さんなんだか熱心になって来られて、開場は満員。いざ弾く段階になったらかなーりの緊張で最初から滑りっぱなしで、ガタガタでした。2ページめあたりからやっとピアノに馴れてきたけど、そんなに長い曲で無いから時すでに遅し、優雅からほど遠いノクターンで汗;汗;の演奏でした(シクシク;)フラフラになって家へ帰ると真央ちゃんビデオを母が又見ていて丁度フィギュアの女王カタリーナビット様が「演技の時は少しも迷いや不安があってはいけない。私はいつも『私は出来る!』という強い気持ちでプレッシャーをバネに変えて来ました。」みたいな事をコメントしていて、こういう人が大舞台で完璧に演技出来るんだなあ。見習わなくては・・と一瞬おもったけど、そもそも凡人の私とビット様では才能と精神力が違いすぎてお話にならないので、また地道に出直してきますふらふら
posted by NANAKO at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

プレイエルのピアノぴかぴか(新しい)

一月半ばから今日まで何だか忙しくて、全然パソコン見れなくてネタは色々あるのにブログ書けなかった(残念)・・で、最新ネタ。本日はピアノの先生の先輩と先輩の大人の生徒さんのお宅でプレイエルのピアノを弾かせていただいた。ピアノはアンティークのUPのプレイエルでマホガニー(合ってる?)燭台の付いたタイプで見た感じもとてもお洒落で、中身も見せて頂いたが、丁寧に作ってあって、グランドピアノが縦型になった感じです。弾かせていただいたら、音に深みがあり低音の響きと高音のキラキラ感が素敵でとても繊細なタッチでトリルが弾きやすく、びっくりしました。プレイエルのような高級ピアノのアップライトはグランドとタッチが全然変わらないんですよね〜しかしせっかく良いピアノを弾く機会があってもこういうときにさらさら弾ける曲のレパートリーが無いのは我ながら悲しかったのですが、今、弾いてる曲や過去の曲を練習させていただきました(先輩はピアノの達人なので、ショパンのエチュードとか暗譜でさらさら弾いていた)プレイエルはショパン愛用だけあってやはりショパンの音色が合う気がしました。羨ましいけど、YやK社のグランドピアノ2台は買えそうな感じなので私には手が届きそうもない・・でも、本当充実したピアノDAYでしたわーい(嬉しい顔)
posted by NANAKO at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

練習日記;;

年末もお正月も結局練習不足のまま過ぎていった・・これは、この時期世間ではピアノなんか弾いていたら遊んでいると見なされるからであって私のせいではないと思う(←責任転嫁)で、今はまだツェルニー50−4番を弾き続けている。もう1ヶ月くらいになるのに、スタッカート気味に弾くと言うのが出来てません(汗;)これって「ラ・カンパネラ」とかのタッチの感じに近い?リストはツェルニー先生の弟子だから「俺なんか先生よりもっと上行ってるし。もっと難しい練習曲作ったもんね〜」てな感じで作曲したんだろうかと勝手に想像。あとバッハ平均律はT巻12番プレリュードゆっくりで弾きやすいと思ったけどゆっくりだとテンションを保つのが難しい;フーガは4声で混乱中。バッハって信じられない指使いをしないと旋律が繋がらない。右手454で上がるとか右手45432で下がるとか一つの旋律を右手で弾いたり左手で弾いたり(汗;)バッハの曲は人間の自然な動きの反対を行っていて、神経もつれそう・・あとは、ベートーベンの田園ソナタをチマチマ練習してマス。見た感じシンプルで弾きやすく見えたのに、自分の弾いたの録音して聞いたら、ハッ!?左小指で弾く打鍵音ムラになってる?和音繋がって弾けてない?リズムが乱れてる???やっぱり難しい;;問題続出でこっちも混乱中デスふらふら
posted by NANAKO at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

クリスマス会

昨日ピアノ教室のクリスマス会クリスマスがあり私も参加させていただきました。参加者は1曲弾かせてもらえるのですが、何か弾くと言っても、急には弾ける曲が無い;;なので、またもやバッハ平均律1巻13番嬰へ長調を弾くことに・・レッスンで再度見ていただいたら、「プレリュードはトリルが聴かせところなので、数増やして!フーガももっと横の旋律効かせて表現表現!」ということで、ここ1週間必死でさらう。でもトリルはがさがさするし、旋律はブツブツ切れて上手くは弾けない・・な状態の参加でしたが、普段子供とあまり接する機会がないもので、中々楽しかったです。隣りの席の姉妹とお母さん。妹さんはまだ赤ちゃんから脱出したくらいなので、もくもくとお菓子を食べパタンと寝てしまう。お姉ちゃんは幼稚園かな。急に「・・弾きたくない。」と言い出してお母さんは先生に「どうしましょう?」と相談。先生は「クリスマス会ですから、いいですよ。気が変わったら弾いてください。」とのこと。どうするのかな?と見ているとお母さんがぼそっと「あとで先生からプレゼントがあるみたいね。ちゃんと弾いた人だけいただけるみたいね〜」しばらくするとお姉ちゃんは「やっぱり弾く」と言い出し、さすがお母さんの勝ち!怒るでもなく宥めるでもなく見事に子供心をコントロール(笑)で、お姉ちゃんはピアノに向かうとちゃんと弾いていた。あとお父さん達が独奏、連弾と中々頑張っていた・・のに「あーあ!やっぱりお父さんが最後に間違えた!」とか息子さんに言われたり(笑)肝心の自分の演奏は、2、3個細かい音符を弾けなかったので68点くらいですか・・しかしうちの親は「バッハはこんな席で地味なんじゃないの?クリスマスらしく華やかな曲弾けばいいのに。子供達にはプレリュードとフーガなんて面白くないよ。」私「クリスマスだからバッハなの!華やかとかでなく声部がちゃんと出たかとか聴いてよ!いいじゃん!バッハは面白くないと思ってもピアノ弾くならいずれ弾かなきゃならないし!」という感じでしたふらふら
posted by NANAKO at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

スヴェトラーナ・ザハロワさんの・・

某CM公式サイト・・ワンシーンだけだけど、白鳥が飛び立つシーンとマッチしていてまさに白鳥。アテテュードのポーズの美しいこと!最近近くにバレエ教室が出来たみたいで頭をお団子にした可愛いバレリーナ達が良く歩いてますが、小さい子が憧れる姿そのものだよねわーい(嬉しい顔)↓↓↓

http://web.canon.jp/about/ad/product/d-slr.html
posted by NANAKO at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

久しぶりレッスン日記・・

やれやれ・・あまりの進歩の無さにレッスンに行っても書くことすらなかったのだけど、ツェルニー50番の3番、練習曲はごまかせ無いので先生の前で弾くと緊張する;「4−5の指の時弱いので、意識して弾くように。」とのこと。「まあ、これ以上詰めてもあれなので(?)他の曲も弾いて別の面で鍛えて再度弾くともっと弾けるわよ」ということで、打ち切りに。バッハの13番フーガ・・弾いても弾いても形にならないし、特に最初の出だしがマズかったのが、一応ゆーっくり最初のフレーズから指を深く手首肘を柔らかくと意識して練習したのが良かったのか「前に比べたら全然弾けてます」ということで一応終了。その後某ピアニストのハイビジョンの話になり、「旧ソ連が地獄で西側諸国が天国だと思っていたが実際は違っていた」そのピアニストは言っていたそうで「上手いか下手かでなくお客が入るかどうかで価値がきまるなんて芸術家には地獄よね・・」うーーん、深い話です。私のように下手だとそんなことは悩みようがないけど・・で、時間が経ち、次の曲迷っているんです。ベートーベンのソナタにしたいのですが・・というと、先生はベートーベン好きなので喜んでられた。うーーん、次の曲何にしよう?って考えてるときが一番楽しかったりしますわーい(嬉しい顔)
posted by NANAKO at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

やれやれ・・

ここ一週間ほどめちゃ忙しかったです。まず先週末はピアノミニコンサート。まあ、身内の会で生徒さん忙しいから私が弾く頃には誰も残ってないやろ・・とタカを括っていたら、誰も帰らない(汗;)練習不足と緊張が重なり間違えてばっかの不出来な愛の夢を弾いてしまった(シクシク;)本当にいつになればまともに弾けるのかって感じもうやだ〜(悲しい顔)で、翌日にはしゃぶしゃぶ食べ放題の店に行き食べすぎ、週末は東京にてザラフィアンツさんのサロンコンサートに行ってきました。その話は後日続く・・
posted by NANAKO at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

汗;;

今週末ピアノおさらい会に出ることになって、未完成のままの愛の夢を弾くことに・・いざ、人前で弾くことを想定すると完成度が低いのなんの(滝汗;)暗譜もあやふやで、難所になると滑る滑る・・どうなるのかとも思うけど今更どうにもならない感じですがく〜(落胆した顔)
posted by NANAKO at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

ツェルニー効果;;

リストはツェルニーの弟子だったらしい。そういえばリストの曲って同じ音形の執拗な(?)繰り返しとか似ている部分があるような。ということはツェルニーがすらすら弾けたらリストの難曲はすらすら弾けるはずだ!昔ツェルニー40番までは弾いていて、そのあとモシュコフスキー数曲で終わったので、モシュコフスキーを弾こうかと思ったけどこちらは譜を読むのが難しいのでツェルニー50番にしたんだけど、たとえ譜が読めても指は全然動いてくれない;先週から弾き始めた3番もやはりヨレヨレだ。ぱっと見シンプルな練習曲だけど、シンプルゆえに粒が揃っていなかったり指が縺れるとアラが余計に目だってしまう。先生は中学生のときに50番弾いていらして、1週間に1曲は仕上げていったとか・・まあ音大を受験しようと思ったらそれぐらいの進度でないと間に合わないけど私は1曲1ヶ月以上かかってる。・・ツェルニーの効果は指が速く動かせるようになるだけでなく、初見を鍛えられる、ぱっとアナリゼできる、速く曲が仕上げられるようになるということで「土台を上げて置けばどんな難しい曲でも早く仕上げられるようになるわよ」ということらしいですが、まだ全然効果ありませんふらふら続きを読む
posted by NANAKO at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

久しぶりLesson日記;;

Lessonは細々と続けておりますが日記が久しぶりなのはあまりに進歩が無くて書くことが無かったからでして(汗;)先日のレッスンでは始まる前に念入りにリトルピシュナ45番の問題のアルペジオで指慣らししておく。ツェルニー50−2番先生の前で弾くとめちゃくちゃ緊張する。どうにか弾き終えたら先生が「良く練習したんじゃない?先週に比べ弾けているもの。もう少し指で弾くんだという意識を持ってもう一度弾いてみて」と言われ弾いて見るとなんだか弾きやすい♪先生も「やっぱりピシュナって大事よね。まあリハーサルから完璧に弾き飛ばすプロは置いておいて大人になると子供みたいにぱっと弾けないじゃない。私演奏会にも持っていくのよ。」ということで、バッハの1−13番フーガもまだちょっと、指縺れるけど、この前よりましかも;;愛の夢も弾きやすくはなってきた・・しかし、これが意外と暗譜しにくいんだ;;まあ、先生が仰るには早くきちっと暗譜するコツはアナリゼをきちんとすること。もう少し頭を使って理論的に暗譜したほうが良いのだけど〜けど〜音楽の理論や用語の方をかなり忘れてしまってるのが情けない(シクシク)多分現在聴音とかワークブックとか子供に混じってやったら完璧まけるとおもう。弾くばかりでなくもう少しソルフェージュとかやり直すのも今後の課題かなふらふら
posted by NANAKO at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

ピシュナ効果ひらめき

いつもは練習曲は練習時間の五分の一程度にするのだが、ここ10日ほど半分練習曲で残り曲って感じです。最初はリトルピシュナから適当に選んで展開形まで弾いて、次はツェルニー50番−2を練習。残りは平均律1の13番と愛の夢(←まだ弾いてる)でもピシュナ効果を再び実感vvいきなりツェルニーから始めた頃は指も肩も朝起きたら固まっていたのが、朝起きてもすっきり♪バッハも押さえて2声ひくところ指の股が裂けそうだったのが、すんなり弾けるし、愛の夢の重音の上がるところも弾きやすくなってる。まあ、考えたら運動する前にストレッチもせずいきなり全力疾走するみたいなもんで、無理があった気がします。ここに来てピシュナ先生の凄さを実感。。。60番のピシュナの本も実は持っているのだが、これはすらすら弾くにはハードだし時間も掛かるし、リトルピシュナを完璧に弾けたらどんな曲も上手く弾ける・・かも?ちなみに私の先生も弾き始めのときに5分ほどリトルピシュナをかかさず弾かれているので、初心者からベテランまで「リトルピシュナ」はオススメです。とは言っても、無理やり弾くと指を痛めるので先生に習いながら、ゆっくり無駄な力を抜いて(痛くなるときは辞める)弾いてくださいわーい(嬉しい顔)
posted by NANAKO at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

久しぶり練習日記・・汗;;

バレエにかまけてたのもあるんですけど、練習不足なのか何なのかツェルニー50−2番で既にスランプ(汗;)速く弾こうとすればするほど上手くいかず、指が動きにくい。アルペジオが変。指に力が入らない感じ。バッハも調子悪いしトホホ。。先生に「最近リトルピシュナ弾いてる?いきなり曲弾かずにピシュナ弾いたほうがいいわよ。で、アルペジオのくだりがスムーズじゃない。ツェルニー何回目?これくらい暗譜しないと」と言われ、2ヶ月ほどチビピシュナとご無沙汰していたことに気がつく。で、とにかくここ最近ピシュナの配分を増やし、ツェルニー2番はじっと指先を見つめ超スローでアルペジオ1個ずつ弾いてます。・・効果出るかふらふら
posted by NANAKO at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

緊張克服方法・・

オリンピック中なので、アスリートの凄さに感心してしまう。普通の運動神経しか無い私には、オリンピックって出るだけで凄いって思います。4年の一度の晴れ舞台で、世界新記録なんか出す選手とか8冠とか。運動能力も凄いけど精神力も凄い。私なんか、ちょこっとピアノを人前で弾くだけで、汗;ってめちゃくちゃ弾いてしまうし。この前の発表会の時、私の相方の方(?)は前日、ネットで「緊張克服方法」を検索して調べられたそうだ。「大きく息を吐いたら楽になる」とか楽屋では何人かの人が集まってその話に花が咲いていたが、私の場合そういう話をすると緊張してしまうので、イヤホンで音楽聴きながら、その話をなるべく聞かないようにしてました(笑)多分一番の緊張克服は馴れだと思うし、出来るだけ人前で弾く機会は持ったほうが良いのかな〜と。あとは練習しかない・・とは思うんですけど・・いつも、それが出来てないわけで(汗;)そういえば、音大行ってる友達で本番強い人がいて、もともと上手いから音大に合格したのもあるけど、能力+精神力が強かったです。試験とか授業で馴れてるんでしょうねえ。まあ、怖い先生に「辞めてしまえ!」って怒鳴られるならまだ良いけど「あらあら(プッ)こんなところで間違っちゃって(プップッ)どうしたのかしらねえ(プププッ←笑いをこらえてる)」嫌味たっぷりな先生にしごかれたり、様々な経験を積み少々のことなら平気になるみたいだ。発表会前緊張して「・・何も食べられない;」という私の目の前で音大に通う友人は、ぱくぱく食べて、本番もいつもばっちり弾いていたのでした。
posted by NANAKO at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

暑い;練習日記・・

この夏はあまりに暑すぎる;;外気温30℃くらいなら余裕だが35℃って体温とかわらんじゃん。少しでもピアノ弾くと運動になるのか体温が上がってくる(汗;;)そんな中、今、練習しているのは、ツェルニー50番の2番。リトルピシュナ終わって、練習曲はピシュナやハノンをさらうなら、弾いても弾かなくても良いですよって先生に言われていたのだが、やはり元々上手くないので基礎練習はしておかないとって思って、久しぶりにツェルニー先生チマチマと弾いております。アルペジオの指くぐり。私の場合親指の形生まれつき反り気味で右手だと下降してくるとき反り左手だと上昇するとき反っているらしい。先生に指摘され見てみると、なるほど・・弾きにくいはずだ。親指を内側に曲げ気味にし親指基点にくるっと残りの指を回す感じ(あくまでイメージだけど)アラ不思議ぎくしゃく感が無くなりアルペジオが弾きやすい。そして、バッハ平均律プレリュードはもう少し軽く弾けるようにトリルの頭をはっきりとするように練習、フーガはまだ形にならず、指がもつれてきた;あとは自由曲(?)の愛の夢。わりと一般に有名で暑い夏でも、涼しい・・と家族にも好評だvvしかし、やはり、リストはリストなので、いたるところ指の股裂き刑にあっているようで、痛い;;
あと、盆休みなので、おさらいにバラード1番と次のレッスン曲にベトソナ悲愴T楽章を弾き始めたら、家族には「曲が重くて聴いていて暑苦しいので辞めて欲しい」と言われてしまったふらふら
posted by NANAKO at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

あつー;;

発表会から一ヶ月も経ってしまった。この一ヶ月ザラフィアンツさんのコンサート(後日レポします♪)とか、ザラさんの母校グネーシン音楽院の後輩君のコンサートとか不義理にしていたお付き合い(飲み会?)とかで忙しくて家には寝に帰ってる感じでピアノ練習日記を書くつもりが練習不足で書くことがあまりない。とはいえ何か次までに弾いておかないと・・とあっち弾きこっち弾きしている間にどの曲も形になってない。ピシュナが終わったんでツェルニー50弾く予定。久しぶりのツェルニーだ。モシュコフスキーよりは読みやすい気がしたんだけど、長い・・平均律は14番が打ち切りで13番を弾く予定。あとは暑いので爽やかに愛の夢でも弾こうか・・と、半音階指番号通りに弾きにくい。予定通りには行かない感じふらふら
posted by NANAKO at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

発表会・・

発表会終わってから溜まった電話・メールや色んな用事に忙しく10日は経ってしまった。発表会に向け今度こそ準備万端と思いながら、いつも仕上がらない状況で出てしまうという(-_-;)二台ピアノ「月の光」はレッスン3回しか出来なかったけど頑張ったかも?私というかこれは相手の方のお陰です。バラード1番は、リハーサルから外す外す(滝汗;)かなりアブナイ感じ。しかし、ここまで来たら出ないとしゃーない・・本番では頭の中は「!?!?!?」先生に言われたこと考えていたことなど何も出来ず夢遊病みたいに、あちこちぶつかりながら進んで行った感じ。コーダ部はかなり崩れたけど終わってすっきりした気分で遊びに行きたいし、とにかく最後まで行こう・・・と思ったものの、コーダが終わったらかなり疲れてぐちゃぐちゃに弾いて終わった感じです(笑)やれやれ・・たった10分弱の曲でこれだ。ピアニストって2時間位舞台で弾いてるし凄い・・ふらふら
posted by NANAKO at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。